お見舞い

排便した時に痛い。出血した。そういう症状がある場合痔を疑った方が良いです。
痔になるとトイレをするのも嫌になります。誰だって痛いのは嫌なので、痔になったら病院へ行き治療をしてもらった方が今後のためにもなります。

痔ってなかなか周りの人には言えません。なぜならそれは恥ずかしいという思いがあるからです。
しかし痔で悩んでいる方というのは、全国的に多いです。痔で悩んでいる人はたくさんいるのです。だから自分だけとは思わず病院へ行き医師の診察を受けることが治療への近道となります。
内科や歯科へ行くような軽い気持ちで病院へいきましょう。

総合病院などはたくさんの診療科目があります。他の持病を持っている患者にとっては一気に診療をうけられるのがメリットです。ただ科目のなかの一分野として肛門科がある場合があります。そういうときは肛門科の診察日が決まっていたり、外科などの医師が肛門科を見ている場合があります。
しかし肛門科を専門的に見ている病院もあります。専門なので知識が豊富で技術も高いです。日々痔について研究しているので安心です。
たくさんの痔の症例などを見てきているので経験も多いです。

病院を探す場合はかかりつけ医の先生に相談をするといいです。地域の医療について詳しいので知り合いや、評判の良い病院を紹介してくれます。
しかし若い女性だとかかりつけ医がいない場合があります。そういう場合はインターネットなどで調べてみると良いです。
それぞれの病院の紹介があったり、医師、看護師の顔、治療方法などが記載されている場合があります。それにネットだと口コミなども見れますので病院の評判も分かります。
初めて行く病院は緊張しますので口コミなどを見て決めたり、知り合いの話しを聞いてから行くと少しは気軽に行くことができます。

肛門科と聞くと恥ずかしいって思ったり怖さを感じる女性が多いです。しかし近年は痔だけでなくガンなどの病気を心配して来院する患者も増えてきています。
勇気をもって診察にくる患者もいます。最初は怖いかもしれませんが自分のためと思って受診をすると診察が終わったあとは安心して帰ることができます。

BACK TO TOP